妊娠初期の流産を防ぐために必要な妊活の準備

健康的な妊活

まず初めに、

妊娠・出産に関するトラブルを、100%防ぐことは不可能です。

自分の健康問題でも、必ず防げるという保障はなく
更に複雑な生命の誕生に関して、リスクをコントロールすることはできません。

よって、基本的にはリスクを減らしていくこと
どれだけリスクを減らすことができるのかを考えていきましょう。

できる努力を、できるだけ実践するしかありません。

妊娠前にしかリスクの軽減はできない

まず最も心配してしまうものである「流産」に関してですが、

妊娠前の精子・卵子の時点で、

「発生する確率は決まっている」

という考えが、すでに何年も医学会の常識となっています。

言い方を変えれば、子宮に着床し「妊娠」した後でできることはほとんどなく
いくら安静にしてようが、発生する・しないの結果はほぼ変えることができません。

つまり、妊活の段階でリスクを減らしていくことが重要であり
妊娠前の妊活、妊活の更に前の段階で”何とか”しておくことが必要なのです。

流産のリスクを防ぐために必要なこと

流産のリスクを防ぐということは、精子・卵子の状態の状態を健全に保つということです。

これで少なくとも、受精の前の段階でのリスクを減少させることになり
すなわち、流産に関わる要因の多くの部分をを減少させるということになります。

リスク要因のほとんどが、精子・卵子の劣化であり
それらを食い止める・改善するために、食生活の改善などは当然のこととして
更にワンランク上のケアをしていく必要があります。

精子・卵子の生成過程は異なるものであり、そのケアの方法も少し違ってきますが
共通していることは「劣化」を防ぐということであり、「アンチエイジング」のと同じものです。

高齢出産の場合にはより最善を尽くす

細胞を守るために、体内で発生する「活性酸素」によって人間の体は劣化・老化していきます。

この活性酸素を防ぐことは、卵子や精子の劣化につながります。

「ビタミンC・E」を中心とした、抗酸化作用のある成分や
「亜鉛」や「アルギニンなど」の、直接細胞に働きかける成分も意識して摂取しましょう。

この活性酸素を防ぐための働きかけは、
「生理環境」の改善にとっても、大きな効果が見込めます。

また「イースタティックミネラル」に関しても、精子・卵子を蘇らせることにつながる成分のため
高齢出産にあたるカップルは、ぜひ試してみるべきサプリです。

 

「目に見えない」ということは、卵子や精子も胎児と同じであり
いずれにしてもその状態は見た目では判断できません。

また、アンチエイジングや細胞に働きかけるためのアイテムは高価な傾向があります。

しかしながら、時間が限られている高齢出産のカップルこそ
前向きに試すべきであり、よりベストを尽くす必要があるのです。

一定の確率で起きてしまうものであり神経質にはならない

やっと授かることができた、大切な赤ちゃんをなくしてしまうことは
想像を絶する・想像したくない悲しみです。

不妊治療の経験が長ければ長いほど、子供を授かることに対する想いが強ければ強いほど
流産・死産となってしまった際のダメージは大きくなります。

しかし、実際に流産する確率は誰にでもあり
不妊治療を受けている女性は、特にその確率は高まります。

流産してしまう確率として、おおよそ

  • 20歳で10%
  • 30歳で15%
  • 40歳で30~40%

更に、45歳以上での妊娠は「約半数が流産してしまう」とのデータも有り
始めて知った人は「そんなにも」と思うかもしれませんが

不妊治療による妊娠の場合に確率は上昇する

不妊治療を受けている女性は

不妊治療を受けずに自然妊娠をした女性に比べて

流産の確率が高い傾向があります。

その理由の1つとして、不妊治療を受けている女性は
必然的に年齢が高い「高齢妊娠」になることが多いことです。

もうひとつは、元々子宮環境が良くないために不妊治療を受けていて
妊娠できた場合でも、胎児を子宮に留めておくことが困難な
”流産しやすい”体質であることが多いことです。

しかし、これらの原因はある程度予想できるかもしれませんが
流産してしまうことになる1番の原因は、実は男性側にあることも多いと考えられています。

最も多い要因は「精子の異常」

流産の原因は、女性側にあると考えられている風潮が強く
「生活習慣が悪かったからだ」などの意見も聞かれますが

妊娠中の生活習慣と流産はほとんど関係ない
流産しやすいかどうかは、最初からある程度決まっている

ということが分かっています。

そして、その主な原因は男性側の精子にあると考えられます。

一番新しい考えでは、流産の主な原因は
「劣化した精子、それによる受精卵の異常」という考えが主流です。

つまり、流産は妊娠(着床)した時点で
おおよその確率が決まってしまっているということです。

この根本的な原因に様々な要素が加わり、流産を引き起こされることになります。

女性側だけではなく、男性側の体質・状態が重要だということです。

この精子の状態は、ダウン症などの先天性の障害の発生率にも関わってきます。

また、高齢出産の場合、男性側も高齢であることが多いため
精子が劣化している確率が高いことも頭に入れておきましょう。

健康的な妊活
妊活におすすめの新成分「イースタティックミネラル」配合サプリ「ミトコア」の口コミ
タイトルとURLをコピーしました