赤ちゃんの「ダウン症」や「先天性障害」を防ぐことはできるのか?~胎児の健康と年齢との関係~

健康的な妊活

妊活・不妊治療を始めるカップルはもちろんのこと、
妊娠することができた際にも、最も懸念している・最も不安なことはやはり
生まれてくる赤ちゃんの健康状態ではないでしょうか?

特に高齢出産においては、ダウン症を中心とした”生まれつき”の障害の確率が
上昇することは常識でもあり、深刻に考えてしまう(考えるべき)ことでもあります。

非常にシリアスな問題でもあり、お父さん・お母さん・生まれてくる赤ちゃん
それぞれの人生に、大きく影響を与えてしまう最も重大な要素に間違いありません。

最初に結論だけを紹介しておくと、

「100%防ぐことはできない」ということになります。

当然の・常識的な事実でもあります。

サプリは「薬」ではなく、またたとえ薬であっても
特定の疾患・症状を、「100%防ぐ」ということはできません。

あくまで、「確率」を下げることへのアプローチであり
その可能性は「個人差」が非常に大きく、何より「元々の確率」自体が分からないものであり
分かること・分からないこと、どちらにも”倫理的”な弊害があると考えれます。

確率を下げる努力をするしかない

だからと言って、<何もしない>ということは
リスクを”元のまま”放置することであり、推奨されることではありません。

「できるだけのことをできるだけやっておく」ということが
妊娠・出産を代表とした、不確定要素の多い問題に取り組む際に必要な姿勢です。

そして、赤ちゃんに対する「義務」でもあります。

決して”運次第”と考えることはやめ、「サプリ」や「検査」といったお金がかかるものだけでなく
日常的な生活習慣・食生活といった、隅々まで可能な限りの注意を払いましょう。

以上は、「当たり前」のことでもあり

「リスクは減らすことができる」

「減らす量・増えてしまう可能性は自分次第」

といったことと、セットで常に意識しましょう。

まずは「妊活の前の準備」から

「先天性障害の原因は、妊娠中の過ごし方ではない」

ということは、現在では常識となっていることです。

流産・先天性障害の根本原因が、「精子・卵子」そして「生殖細胞」の質であることは
はっきりとした、「事実」として判明しています。

そして、「異常な生殖細胞」という事態は
たとえ若い人であっても、一定の確率で発生してしまうことです。

  • 乱れた生活習慣
  • 保存料・添加物の摂取
  • 加齢

これらは、異常な生殖細胞を増やす要因になります。

また、先天性の障害・疾患だけでなく
「流産・早産」といったリスクに関しても

これらの要因によって、確率は上昇していきます。

避けられるもの・避けられないものがありますが
結局は「できるだけのこと」をしていくしかありません。

妊娠した後にできることも知っておく

卵子や精子の健康状態はもちろん、受精し”妊娠”した後にもできる(すべき)ことはあります。

特にダウン症だけでなく、またそれにつながる要素として
妊娠段階における、胎児の「神経」の発達は非常に重要な要素です。

「現実的に先天性のトラブルに対処する」ということを考えた際には、
この神経系の健やかな発達を、促すための行動が有効と言えます。

胎児の神経の発達のために効果的な栄養素

「オメガ3」という成分に関しては、聞いたことがあるという方も多いはずです。

オメガ3とは、「青魚」や「えごま」に含まれる「不飽和脂肪酸」の1種であり
血液をサラサラにする効果があるということで、「高血圧」や「動脈硬化」の傾向がある
中高年の方を中心に、話題になっている栄養素になります。

そしてこのオメガ3は、胎児の神経の発達に有意義な栄養素として
妊娠を見据えた・妊活をしているカップルに、ぜひ知っておいて欲しいものです。

健康的な妊活
妊活におすすめの新成分「イースタティックミネラル」配合サプリ「ミトコア」の口コミ
タイトルとURLをコピーしました