二人目の妊娠と出産をあきらめたくない二人目不妊に悩むカップルにもおすすめの「ミトコア300mg」

健康的な妊活

赤ちゃんを切実に望んでいても、”どうしても授かることができない”という状態は
女性にとっては非常につらいものであり、また「責任」を感じる人が多いはずです。

そして昨今は「男性」であっても、女性と同じく悩み・苦しんでいる人が増えています。

少し前の時代であれば、「不妊は女性側が悪い」とされる傾向があり
どのような「要因」によって、不妊が招かれているのかにも関わらず
女性が責められ、また精神的に苦しむのも女性、ということが多かったことが現実です。

しかしながら、不妊のの原因に対する理解が広まったことによって
「不妊は女性だけが悪いとは限らない」という認識も広がってきています。

と言うのも、

「不妊」要因の割合は、男女共に「ほぼ同じ程度」であり
むしろ最近では、男性側が要因を抱える「男性不妊」が増加しています。

更に、それには「精子」が大きく関わっていることも広く知られるようになってきました。

もちろん、女性側の「卵子」に要因があるケースもあり
いずれにしても「生殖細胞」というのは、不妊の大きな要因の1つであると同時に
そもそも「妊娠」することにとって、非常に重要な要素なのです。

そして、この「生殖細胞」への刺激となる成分が「イースタティックミネラル」であり
不妊に悩むカップルにとって、非常に画期的な効果を与えることになります。

一人目の時よりも「生殖細胞」は確実に劣化している

「不妊」と呼ばれる「欲しいのにうまくいかない」状況は、
様々な要因によって、引き起こされているることになりますが
男性不妊と女性不妊これらに加え、”原因不明”とされる不妊も存在します。

原因不明とは、”あるはず”の要因が特定できないことも含まれます。

女性不妊に関しては、主に卵子・排卵・子宮のどいずれか・全てが関わっていることになり
もちろん、「女性ホルモン」が大きく影響を与えています。

そして、男性不妊と呼ばれるものに関しては
精子に加えて、「男性機能」のいずれかになることがほとんどであり
これらに関しても、「男性ホルモン」が関わるものになります。

更に、原因不明とされる不妊要因に関しては
<受精>ができるのか・そこにまで至らないのか
いずれによって、内容が変わってくることになりますが
基本的には、生殖細胞の質が大きく関わっていることが多いと考えられます。

「なぜだか分からないけどうまくいかない」

その原因は、実は「生殖細胞の劣化」のせいだったということが多いのです。

そして、この要因・リスクは「高齢出産」と呼ばれるケースの
前段階である、「高齢妊娠」を望む際に大きく引き出されることになります。

これは「男女共に」であり、「身ごもる方(女性)だけ」ではありません。

そしてこの事態は、人によって「初めての妊娠・出産」である場合と
「二人目」や「三人目」に該当するケースに分かれますが、
基本的なリスクが上昇していることには、変わりありません。

昨今の晩婚化に伴い、

  • 初めての妊娠・出産
  • 「経産婦」の妊娠・出産

いずれも「経験年齢」の、上昇傾向が見られます。

「一人目」を望むタイミング(初産)にしても

「二人目以降」を望むタイミングにしても

生殖細胞の劣化が、見られる可能性が高い状態になります。

「初産が35歳」で「2人目が40歳」というケースは、全く珍しいことではない世の中です。

「生殖細胞」の劣化が招く様々なリスク

生殖細胞の最たるものである、卵子と精子は
どちらか片方に問題があるだけでも、うまく「受精」ができない場合や
また、受精ができたとしても「着床」にまで至らないことがほとんどです。

補足として、受精→妊娠に至ることができたとしても
「流産」や「死産」、更に「ダウン症」を含めた「先天性障害」
これらに関しても、生殖細胞の劣化が大きく影響を与えます。

「授かれない」ということが、デメリットというわけではなく
また授かれないことだけが、リスクというわけではありません。

これは、非常に大切なことです。

妊娠中・出産後の「赤ちゃんの健康」に対しても、
「妊娠前」の生殖細胞が、影響を与えていいるのです。

赤ちゃんの「ダウン症」や「先天性障害」を防ぐことはできるのか?

生殖細胞をもう一度蘇らせる

この生殖細胞の劣化に関しては、「サプリ」や「治療」だけで補うことはできません。

精子を採取して行う「人工授精」や「体外受精」に関しては
「特に元気なものを選んで使う」という手段であり
<元気にする>という「根本的な解決法」ではありません。

それもそのはずであり、年をとることによって
体のパーツ、それを構成する細胞が劣化することは
”当たり前”のことであり、体は若返ることはありません。

最近になって、不妊に関わる言葉の中で耳にするようになったイースタティックミネラルは
今までにないアプローチを実現する、画期的な成分として注目されています。

 

イースタティックミネラルとは、基礎栄養素である「ミネラル」を
非常に高い精度で精製した、「イオン化ミネラル成分」の1つになります。

そしてこのイースタティックミネラルは、極めて小さな細胞と呼ばれる組織の
更にその「原動力」となる、「ミトコンドリア」をサポートする成分として働きます。

生殖細胞の劣化は、生殖細胞の「運動率の劣化」でもあり、
その原因は、「ミトコンドリアの活動」が関わっています。

ミトコンドリアは、「細胞のエンジン」とも言える組織であり
このエンジンが停止してしまうことで、その細胞も活動を停止します。

イースタティックミネラルは、一度活動を停止したミトコンドリアを刺激し
再度活動させることができる成分とされ、特に生殖細胞の働きが影響する
不妊に関わる要素の中で、注目が集まっている成分になります。

「ミトコア300mg」だけに配合されている成分

イースタティックミネラルが含まれているアイテムは
現時点で「ミトコア300mg(以下ミトコア)」だけになります。

というのも、

もともとイースタティックミネラルは、「ミトコア」の販売元である
「シンゲンメディカル株式会社」が発見した「独自性分」なのです。

そのため、「ミトコア」が唯一の「イースタティックミネラル配合サプリ」になります。

⇒「ミトコア300mg」の詳細・公式販売ページはこちら

なぜ「普通の妊活サプリ」よりもおすすめなのか?

一般的に「妊活サプリ」と呼ばれているアイテムは、基本的には「栄養補助」を目的としており

  • 鉄分不足による「冷え性」
  • 「亜鉛」「葉酸」不足による「ホルモン」「細胞分裂」の滞り

こういったものを解決することで、「妊娠しやすい体」に近づけていくものでした。

もちろん、飲まないよりは飲む方が希望が持てる・期待できることは間違いありません。

しかし、それでもやはり精子・卵子の劣化には
なかなか”深く”アプローチできなかったことが現実です。

確かに「亜鉛」によって、ホルモンバランスを整え(特に精子を増やし)て
更に「葉酸」によって、生殖細胞を正常に保つサポートにはなります。

しかしながら、それだけでは「新しい生殖細胞」への働きかけであり
一度衰えてしまった生殖細胞の<再起動>には、それほど効果が見込めません。

そして、高齢カップルの生殖細胞というのは衰えやすく
つまりは、すぐに機能が劣化してしまうものであり
「再利用」の過程を、優先すべき局面になってきているのです。

  • 「高齢出産」を目指す「高齢妊娠」となるカップル
  • 「二人目不妊」と呼ばれる「続発性不妊」で悩むカップル

それぞれ微妙に違う内容であり、1組として同じ事情はありません。

しかしながら、「年をとっている」ということは
「生殖細胞が劣化している」ということでもあり
それは、共通した「リスク要因」でると考えるべきことです。

”もう若くない”のは「外見」だけでなく、「体の中」にも言えることであり
より深刻に考えるべきは、「美容」よりも「健康」であることは間違いありません。

「不妊治療中」でも使えるアイテム

「ミトコア」がサプリである最大のメリットは、
「治療中」であっても、平行して利用していくことができるという点です。

「ミトコア」は「薬」ではなくサプリであり、「食品」と同じように考えることができ
つまり、「食べ過ぎなければ害はない」ということになります。

これは不妊治療に関わらず、定期的に処方箋(医師からの許可が必要な薬)を
摂取する習慣がある方にとっても、試し始めやすいポイントとなるはずです。

健康的な妊活
妊活におすすめの新成分「イースタティックミネラル」配合サプリ「ミトコア」の口コミ
タイトルとURLをコピーしました